インターネット落描きマンが思ったことを綴っていきます

邦画実写業界の低迷とそれに反する劇場版アニメ隆盛について、その違いは何か

mantan-web.jp

 

邦画実写業界の人間は映像を撮ることに関してその業界以外から学ぼうという気持ちは無いのだろうか

 私が思うに「アニメ」というのはあくまで「表現の一種」に過ぎない。

これは他の表現方法についても同じである。

実写だってCGだってアニメだって小説だってゲームだって、確かにその表現方法自体が好きだからという理由も少なからず絶対に存在するとは思うけれど、「自分が表現したいこと」を一番自分が実現できる方法or納得できる方法で作れるのが一番だと思っている。

そういう表現手法の違いについて、未だに「アニメは~」とか言っている姿勢がもう既にダメだと思うのである。

確かにそこには表現方法を愛するが故に大成するものが数多く存在することも明らかである。

そういう自らの表現したいもののためにいろいろな表現から技術や知見を取り入れるということは、私が尊敬する人々は皆やっていると感じたのである。 

 

 

例えば「メタルギア」シリーズの小島監督は、私の勘違いでなければ無類の映画好きだと思うし、個人的には「メタルギア」は映画だと思っている。

ゲームという形態を成しているが、その根底に存在するものは映画に近い表現方法だと私は感じている。

 

 

他には、庵野監督がそうだと思う。

昨年夏公開の「シンゴジラ」は「あの庵野が実写でゴジラ撮るって??」と思い「確かに特撮系大好きだというのは知っていたけれど、アニメ畑で長年やっていた人が実写撮るってどういう出来になるのだろう」と思っていた。

しかし、あの作品を見た後は、「ゴジラ」という作品のテーマを踏襲しつつ、自分のフェチズムをふんだんに取り込み、それでいて会議シーンがメインであるのにも関わらず飽きさせないテンポ感は、実写というものを忘れさせるような凄さ・リッチ感があった。

要するに「シンゴジラ」はアニメみたいな実写だった。

到底普通の実写畑の人がやるとは思えないような顔のアップ構図やら早口の説明、情報量の詰め込み方、往年のGAINAXを彷彿とさせるところどころにユーモアがあって、アニメであって見るアトラクションとでも言うべきだった。

何が言いたいかというと、アニメ監督の庵野が実写を撮る時にその方法にアニメ的方法を持ち込んだと思われるのだけれど、それは映画の緊迫感・面白さをさらに引き出すことに貢献していたと思うのである。

 

 

ガンダムの生みの親である富野氏が「アニメなんか見るな、外に出ろ」と言っていた言葉も「表現を追いかけるのではなく、目的を持って、実現したいことを実現する方法は世界を見渡してちゃんと探せ。そしてそれがアニメだっていうならアニメを作ればいい。」というメッセージだと私は解釈している。

 

 

じゃあ、今挙げたようなサブカル方面のアニメ畑の人たちが、アニメという方法を用いて画面で伝える表現をよりリッチに精錬しているのに対して、現在の実写畑の人はどういう努力をしてきたのだろうか?

確かに自分はほとんど実写畑の映像技術やら何やらを知らないので、実写邦画業界で尽力なさっている方からしたら「何も気が付かないのはお前の教養が足りないからだ」と言われたらそうなのかもしれないけれど。

 

 

つまりはそういう体質的なところもあるのではないかと思う。

映像表現においては「実写映画が一番だ」という根本的な姿勢である。

実際のところはどうなのかは知らないけれども。

しかし、漫画家や小説家やそれこそアニメ監督の方たちが「もともとは映画が作りたくて」と言うくらいには、その影響力が昔はあったと思う。

 

 

だけれど、きっとそれは過去の話になりつつあるのだと思う。

その結果を示しているのが、昨今の漫画アニメ原作の映像作品の失敗と、それに反するかのように興行成績を上げている劇場版アニメだと私は思う。

 

 

だとしたら「もっと表現方法としてアニメやゲームや舞台やいろんなものを見て、そして学べばよいのではないのだろうか」とそう思うのである。北野武監督が言っている「圧倒的な差」は、そういうところから生まれたのだと思う。